大人にもぬいぐるみで心を癒す方法は効果あり

サイトメニュー

ぬいぐるみに癒やされる

ハートと聴診器

専門医に相談しよう

現代人はストレスを抱えたり忙しかったりというように、心が休まらないことが多いと言われています。実際に心が疲れてしまってうつ病になってしまう人も少なくありません。そうなる前に、心療内科や精神科といった専門医に相談することをおすすめします。ところが、当人はなかなかこの判断ができません。一人で悶々と悩みを抱え込んでしまう傾向にあります。そこでおすすめなのがぬいぐるみ療法です。ぬいぐるみ療法は文字通り、ぬいぐるみが疲れた心を癒やしてくれます。心療内科や精神科で相談した場合も、人によってはぬいぐるみ療法を勧められることがあるのです。病院にかからなくても自身で好きなぬいぐるみを用意して実践してみるのもいいかもしれません。ぬいぐるみ療法はぬいぐるみに話しかけるという治療法になります。ペットに話しかけるような感じで、自分の心をあらわにすればいいのです。朝はおはようと話しかけ、学校や会社に行く時には行ってきますと話しかけます。このようにぬいぐるみとスキンシップをすることで状態が良くなってくることがあるのです。もちろん独学で行うよりも専門医の指導のもと行った方が効果的です。まずは心療内科や精神科を受診してみましょう。そのうえで適切な治療法を提案してもらうことになります。

ぬいぐるみ療法が適しているのはうつ病患者などです。うつ病とは診断されていなくても、心が疲れてしまっている人は試してみるといいかもしれません。ぬいぐるみ療法によって体調が良くなったり、悩みが解決したりすることもあります。うつ病にかかりやすいのは真面目で何でも一人で抱え込んでしまう性格の人だと言われています。そこでぬいぐるみに話しかけるようにすれば、孤独感や不安感を解消することができるというわけです。ぬいぐるみはギュッと抱きしめることもできます。ぬいぐるみを抱きしめるという行為は、実は自分自身を抱きしめる行為でもあるのです。自分は一人ではない、自身を投影して抱きしめることによって自身を癒せるようになります。インターネットでもぬいぐるみ療法に関する情報はたくさん載っています。心療内科や精神科を受診することに抵抗がある人などは、インターネットで情報を収集してみるのもいいかもしれません。休日だけでもぬいぐるみに話しかけたり、ギュッと抱きしめたりすることで不安感が解消されれば、平日は学校にも会社にも行けるようになることもあります。もちろん、ぬいぐるみは自身の好きなもので構いません。子どもの頃から愛用しているものがあるのなら、それを利用すると安心できるはずです。